座談会|先輩インタビュー|新日本管財グループの採用特設サイト

HOME サイトマップ エントリー 新日本管財株式会社 新日本リフォーム株式会社

先輩インタビューINTERVIEW

座談会

若手社員座談会採用担当×先輩社員
新日本管財らしさを探ってみました。

自然に頑張ろうと思える居心地の良い職場

顔写真アイコン

今回は「若手社員座談会」として採用担当の私に加え、2人の先輩にお越しいただきました。
当社の若手社員を代表して私たち3人で「新日本管財らしさ」を探っていきたいと思いますので、よろしくお願いします!

顔写真アイコン

あまり意識していなかったけど平野くんは私の後輩に当たるんですね。考えてみればうちの会社は先輩・後輩という概念が薄いかもしれません。ベテラン社員や中途社員がかなり多い会社だから、20代30代はもちろん、下手したら40代もみんな若手社員というくくりで認識されています。

顔写真アイコン

だからといって若手は若手だけで固まるって感じがないのも新日本管財の特徴かもしれませんね。
他の会社に勤めている友達いわく、20代の社員と50代の社員が普通に世間話する職場は珍しいみたいです。
会長や役員の方とも気さくに会話すると言ったら驚いていました(笑)

顔写真アイコン

私も中途入社だからそこは驚きました。よく言う「アットホームな雰囲気」ではなくて全員が自然体な感じがします。
体育会系の会社ではなくて、大人の余裕がある会社というイメージですね。

顔写真アイコン

そうですね。だからすごく居心地が良くて働きやすいです。分からないことがあれば変な気を使うことなく質問できますし、若手が自然に頑張ろうって気持ちになれるのは素直に良い職場だと言えるのではないでしょうか。

顔写真アイコン

同感です。私たち若手社員の率直な意見だと思いますよ。
ちなみ女性の立場からしても安心して働ける職場だと思いますか?

顔写真アイコン

私はこれから産休に入りますが、実は辞めた方が会社のためになるのではと迷っていました。そうしたら「何も心配しないで休んでまた復帰すればいいよ」と周りの方が声をかけてくれたんです。私の体にもいつも気を遣ってくれますし、復帰するときも笑顔で迎えてもらえそうな気がします。そんな温かさが新日本管財の好きなところですね。

顔写真アイコン

当社で産休を取得する女性社員は丸田さんで2例目ですからね。
これから入社してくる女性社員のためにもぜひ良いモデルになっていただきたいです。

顔写真アイコン

今のうちに会社にたくさんリクエストを出して制度を充実させておいてください(笑)

成長を望むガッツと素直さを持とう!

顔写真アイコン

平野くんは採用担当として、たとえば学生の方に会社の魅力をどう伝えているんですか?

顔写真アイコン

今のところは業務内容を説明しているだけにとどまっていますが、これからはお二人の意見も参考にして魅力的な社風も伝えていきたいと思いました。やっぱり新卒の方にはたくさん入社してもらいたいですよね?

顔写真アイコン

もちろん!うちの会社は若手社員かベテラン社員かの二層構造だから、後輩が増えれば会社の雰囲気がまた変わっていきそうで楽しみです。だから平野くんにはぜひ採用活動を頑張っていただきたいですね。

顔写真アイコン

会社としても新しい風を求めているはずだから新入社員は大歓迎です!
もちろん転職者の方にもぜひ仲間になっていただきたいです。違う会社や業界の話をぜひ聞かせてもらいたい。

顔写真アイコン

どういうタイプの人に来てもらいたいですか?

顔写真アイコン

真面目でコツコツタイプが多い会社なので、素直でアグレッシブな方に入社してもらえるとうれしいです。

顔写真アイコン

そうですね。たしかにアグレッシブなタイプの方はかなり活躍できる会社だと思います。
やる気を示せば大歓迎してくれますし、みんなそういう人が大好きですから。

顔写真アイコン

ありがとうございます。それでは最後に就職活動中の学生の皆さんにメッセージをお願いします!

顔写真アイコン

就職活動はいろんな会社に触れられる良い機会だと思います。私も100社近く回りましたが、就活の経験が今になって役に立っています。だから就職生という立場を生かしてできるだけ多くの企業を見てください。最後にはなんとかなるので心配はいりません。前を向いて頑張ってください!

顔写真アイコン

どんな会社、どんな仕事に就くかで今後の人生も多少なりと変わってくると思います。ですからぜひ後悔のない就職活動を!
その先で一緒に仕事ができることになればとってもうれしいです! 新日本管財をよろしくお願いします!

顔写真アイコン

私は、社会人人生は就職活動の延長線上にあることを忘れないでいただきたいと思います。だからこの先の未来のためにも決してあきらめないでください。採用担当として皆さんとお会いできる日を楽しみにしています!